-人気のクリスマスローズ

2009年7月アーカイブ

クリスマスローズはキンボウケ科の宿根草です。店頭で多く販売されているのはヘレボルスの交配種がほとんどです。寒さに強くクリスマスの頃に白いバラのような花を咲かせることから、クリスマスローズという名前がついたとも言われています。落ち着いた色合いが多く、地味な印象を与えるため、日本ではあまり人気のない花でした。

最近では交配種も加わり色のバリエーションも増え、クリスマスローズの人気は一気に上がりました。ガーデニングブームも手伝い、今やクリスマスローズは冬の庭の主役と言われるほど、大きな人気となりました。寒さに負けずに賢明に花を咲かせる姿も大きな魅力となっているようです。

店頭では10月頃から苗などが販売されます。グレーや緑などのシンプルな色合いも多いので、和室にも良く合い和風の庭にもぴったりです。洋風にも合わせやすいので、近代的な家作りを楽しんでいる人にも安心です。和風・洋風どちらにも合うというのもクリスマスローズが人気となった理由となっているようです。

綺麗な花を咲かせるクリスマスローズですが、控えめな姿が美しいという人もいます。鉢植えにしたり、花瓶に生けたり、切り花にしたりと色々な方法で楽しめるのも魅力です。1月~3月という景色の淋しくなる時期に綺麗な花を咲かせるので、冬の大きな楽しみとしてクリスマスローズを育てるという人も増えてきています。

今年からクリスマスローズを育ててみようかなと思っている人も多いと思います。最近では色々な種類のクリスマスローズが販売されていますので、どれを選んだらいいか分からないという人もいると思います。初心者の人は交配種から始めてみてはいかがでしょうか。

日本で販売されているクリスマスローズの交配種は、日本の気候に合わせて丈夫に育つようにと改良されていますので、初めての人でも育てやすいと思います。クリスマスローズは苗で販売されているものもありますが、初心者の場合はすぐに綺麗な花が楽しめますし、開花株を購入したほうがいいでしょう。

クリスマスローズの苗を購入する場合、開花するまでに1年はかかりますので、実際に花が咲いている状態で好きなカラーを選ぶことが出来る開花株のほうがいいと思います。苗のほうが価格は安いですがすぐに楽しめるという良さがあります。どんな花を咲かせるか待つのが好き、という人は苗を購入して翌年まで待ちましょう。

クリスマスローズの育て方に慣れてきたら、少しずつ色々な種類に挑戦して増やしていくのもいいですね。クリスマスローズの原種は原産国とほぼ同じ環境で育ちます。夏の暑い時期の育て方が難しくなりますが、柑橘系の香りのするオドルスなどもありますので、楽しみが増えると思います。少しずつ株分けして増やしていくのもいいですよ。

 

 リックオウエンス  ドギャードのアクセサリー  住宅ローン  外為どっとコム

クリスマスローズはバラをしのぐほどの勢いで大人気となっています。花を見ることの少ない寒い季節に綺麗な花を咲かせますので、淋しくなりがちな庭を美しく演出してくれます。葉が大きくバラのような綺麗な花を可憐に咲かせ、寒い季節に心を温めてくれます。

クリスマスローズは色々な改良を加え、交配種も多く販売されていますが、12月に咲く「ニゲル種のクリスマスローズ」と、2月~4月に咲く「オリエンタル種のレンテスローズ」の2種類に大きくわけることが出来ます。日本では種類に関係なくクリスマスローズと総称して呼んでいる場合が多いようです。

クリスマスローズの苗を購入して花が咲くまで大切に育てるという人もいますが、2年かけてようやく花が咲いたという人もいます。すぐに綺麗な花が見たいという人は開花株を購入するといいでしょう。クリスマスローズには色々な種類がありますので、好みのカラーなどに合わせて育ててみましょう。

ニゲル種のクリスマスローズは、ノイガーとも呼ばれますが、白色が多く稀にピンク色の花を咲かせます。株が大きくならないのが特徴となっています。大輪ですのでとてもよく目立ちます。オリエンタリスという種類のクリスマスローズは、緑や紫、黄色や白などカラーが豊富です。網目模様などもあります。花形も一重咲きや八重咲きなどがあります。

 

 沖縄でのお勧めの食事  沖縄旅行  電子マネー[ナナコ]nanaco

クリスマスローズは地味な色が多く、うつむいたように下向きに咲くので、日本ではあまり好まれていませんでした。しかし品種改良が進みカラーも豊富になり、和風でも洋風でも合う可憐な花になり、日本でもたくさんの人が庭先にクリスマスローズを植え、寒い季節に美しさを楽しんでいます。

クリスマスローズは寒さや日陰に強いですが、夏の暑さには弱いので直射日光が直接クリスマスローズに当らないよう注意しましょう。土壌は水はけが良く中性からアルカリ性を好みます。小輪や大輪の物もありますし、花色も豊富ですのでぜひ自宅でクリスマスローズを育ててみてください。

植付けをしたり、植え替えを行うのは9月~11月がいいでしょう。クリスマスローズを株分けする場合は、2月~4月が好ましいと言われています。肥料は植付けのときに元肥がしっかりしていれば4月頃まで二ヶ月に一度でかまいません。苗から育てる場合は、2~3年ほどで開花します。

クリスマスローズは乾燥に弱いので、乾いたらお水をたっぷりあげるようにしましょう。風通しの良い場所で育てて比較的明るい場所に植えてあげます。腐葉土などを調節しながらあげるといいでしょう。クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単といわれていますので、注意点だけ守り大切に育ててあげましょう。直射日光は絶対に避けてください。

 

 ホワイトデー 本命 お返し  美顔器  朝バナナダイエットの落とし穴

クリスマスローズの花言葉は、「追憶」「私を忘れないで」「スキャンダル」「私の不安を取り除いてください」「慰め」です。クリスマスローズは見た目の綺麗さに似合わず、ちょっと淋しい感じの花言葉がついています。ヨーロッパ中世では悪魔払いにクリスマスローズが使われていたそうです。

今ではとても美しく大人気のクリスマスローズですが、昔はあまり良い印象を持たれていなかったようです。クリスマスローズは適応性が高く育てやすい花ですので、自宅の庭に植えて楽しむという人も増えています。肥料も土壌が良い場所なら一年に一度でも育ちます。暑さや日光さえ注意すればきちんと花を咲かせてくれます。

クリスマスローズのタネを採取する人もいますが、子房が脹らむとタネが飛び散りますので、花に茶漉し袋などをかけて止めておくといいでしょう。クリスマスローズのタネは5月の初め頃に採取します。11月~12月頃は傷んでいる葉、古くなった葉の手入れを行います。葉柄の元から切り取り株の整理を行いましょう。

雨の日に行なうと切り口から病気になる場合もありますので、晴れた日に行なうといいでしょう。クリスマスローズは一年を通して、水やりに注意が必要となります。夏は控えめでも構いませんが、表面が乾いたらたっぷりと水をあげましょう。日の当る場所にクリスマスローズの鉢植えなどを置く場合、西日は必ず避けてあげてください。

 

 北海道旅行について  北海道旅行の注意点  北海道のお勧めホテル
カテゴリー
更新履歴
クリスマスローズは冬の庭の主役(2009年7月22日)
交配種は初めての人でも育てやすい(2009年7月22日)
寒い季節に綺麗な花を咲かせる(2009年7月22日)
クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単(2009年7月22日)
美しく大人気のクリスマスローズ(2009年7月22日)
カテゴリー
更新履歴
クリスマスローズは冬の庭の主役(2009年7月22日)
交配種は初めての人でも育てやすい(2009年7月22日)
寒い季節に綺麗な花を咲かせる(2009年7月22日)
クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単(2009年7月22日)
美しく大人気のクリスマスローズ(2009年7月22日)