Top > クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単

クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単

クリスマスローズは地味な色が多く、うつむいたように下向きに咲くので、日本ではあまり好まれていませんでした。しかし品種改良が進みカラーも豊富になり、和風でも洋風でも合う可憐な花になり、日本でもたくさんの人が庭先にクリスマスローズを植え、寒い季節に美しさを楽しんでいます。

クリスマスローズは寒さや日陰に強いですが、夏の暑さには弱いので直射日光が直接クリスマスローズに当らないよう注意しましょう。土壌は水はけが良く中性からアルカリ性を好みます。小輪や大輪の物もありますし、花色も豊富ですのでぜひ自宅でクリスマスローズを育ててみてください。

植付けをしたり、植え替えを行うのは9月~11月がいいでしょう。クリスマスローズを株分けする場合は、2月~4月が好ましいと言われています。肥料は植付けのときに元肥がしっかりしていれば4月頃まで二ヶ月に一度でかまいません。苗から育てる場合は、2~3年ほどで開花します。

クリスマスローズは乾燥に弱いので、乾いたらお水をたっぷりあげるようにしましょう。風通しの良い場所で育てて比較的明るい場所に植えてあげます。腐葉土などを調節しながらあげるといいでしょう。クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単といわれていますので、注意点だけ守り大切に育ててあげましょう。直射日光は絶対に避けてください。

 

 ホワイトデー 本命 お返し  美顔器  朝バナナダイエットの落とし穴
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
クリスマスローズは冬の庭の主役(2009年7月22日)
交配種は初めての人でも育てやすい(2009年7月22日)
寒い季節に綺麗な花を咲かせる(2009年7月22日)
クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単(2009年7月22日)
美しく大人気のクリスマスローズ(2009年7月22日)