Top > クリスマスローズは冬の庭の主役

クリスマスローズは冬の庭の主役

クリスマスローズはキンボウケ科の宿根草です。店頭で多く販売されているのはヘレボルスの交配種がほとんどです。寒さに強くクリスマスの頃に白いバラのような花を咲かせることから、クリスマスローズという名前がついたとも言われています。落ち着いた色合いが多く、地味な印象を与えるため、日本ではあまり人気のない花でした。

最近では交配種も加わり色のバリエーションも増え、クリスマスローズの人気は一気に上がりました。ガーデニングブームも手伝い、今やクリスマスローズは冬の庭の主役と言われるほど、大きな人気となりました。寒さに負けずに賢明に花を咲かせる姿も大きな魅力となっているようです。

店頭では10月頃から苗などが販売されます。グレーや緑などのシンプルな色合いも多いので、和室にも良く合い和風の庭にもぴったりです。洋風にも合わせやすいので、近代的な家作りを楽しんでいる人にも安心です。和風・洋風どちらにも合うというのもクリスマスローズが人気となった理由となっているようです。

綺麗な花を咲かせるクリスマスローズですが、控えめな姿が美しいという人もいます。鉢植えにしたり、花瓶に生けたり、切り花にしたりと色々な方法で楽しめるのも魅力です。1月~3月という景色の淋しくなる時期に綺麗な花を咲かせるので、冬の大きな楽しみとしてクリスマスローズを育てるという人も増えてきています。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
クリスマスローズは冬の庭の主役(2009年7月22日)
交配種は初めての人でも育てやすい(2009年7月22日)
寒い季節に綺麗な花を咲かせる(2009年7月22日)
クリスマスローズは育て方も増やし方も簡単(2009年7月22日)
美しく大人気のクリスマスローズ(2009年7月22日)